外壁塗装 塗料

外壁塗装の塗料について

外壁塗装工事をするにあたって一番知っておきたいのが
塗料の種類についてです。

 

塗料はたくさんの種類があるので全部調べるのは大変ですが
一般的なものでアクリル、ウレタン、シリコン、フッ素などが
ありますが外気温度に影響を受けにくく冷暖房費の節約に
つながる遮熱塗料などもあります。

 

各塗料、いろいろな特徴がありますので自分の家の外壁は
どの塗料があうか調べてみるといいでしょう。

特徴によって価格にも差があるので、見積もりをもらう前に
塗料のことは調べておいた方がいいと思います。

 

また、デメリットも調べておきましょう。
メリットデメリットすべて知ったうえで外壁塗装業者の方に相談してみるといいでしょう。


外壁塗装の塗料はメーカー名も確認

塗料もいろいろありますが、業者から見積もりをもらったら
塗料のメーカー名、商品名が書いてあるか確認しましょう。
塗料のメーカー名と商品名がわかればその塗料の特徴や
相場も調べることができます。

 

たとえば「耐用年数は○年くらい」と説明をうけて
ネットで調べて○年くらいなら安心できます。
でもぜんぜん違う年数だったら安心して工事を
お願いできませんよね。

 

疑ったらきりがないのですが、何十年も住む大切な家なので
安心して工事をお願いするためにもこうしたチェックも
必要なことだと思います。

 

カタログに載っている耐用年数はあくまで目安で
日が当たる、当たらない、海が近い、地盤によっても年数が変わってきます。
こうしたものも視野に入れての見積もりかその変も確認したほうがいいかもしれません。


外壁塗装業者との契約

実際に外壁をみてもらい最終的な見積もりをもらったら
塗料の種類、量、補修があるかないか、工事後の保証、
工事日程、納期など話し合い契約となります。

 

このときに気になることがあったらすべて質問しましょう。
契約直前に「今更こんなことを聞いても・・・」と思わず
どんな些細なことでも質問しましょう。

 

ここで解決しないで後から不安な気持ちになっても
大変です。

 

たとえば金額も相場と比べてずいぶん安かった場合、
あとから追加料金がかからないか、聞き忘れた・・・と
いうことがあったらどうしますか?
これを確認しないであとから追加料金がかかりますと言われても困りますよね。

 

契約するまでに確認することがたくさんありますが大切な家の工事なのですべて納得してから
契約するようにしましょう。


外壁塗装業者の一括見積

インターネットで探すと塗装業者から一括で見積もりをもらえる
サービスもあります。
なかなか外壁塗装業者を探す時間がない、近所にいいところが
ないといった方はこうしたサービスを利用して塗装業者を
みつけてもいいと思います。

 

インターネットの一括見積をとれる業者は優良なところで
安心して見積もりをとれると思います。
一括見積サイトによって利用条件や対応は違うと思いますが
登録している業者が対応地域であれば
こういった一括見積サービスを利用してもいいでしょう。

 

気に入った業者があれば自宅にきて外壁をきちんとみてもらい
正式な見積もりを出してもらってもいいと思います。

 

条件があわない場合はもちろん断ることもできますがサイトを利用する前にサービス内容をきちんと
確認してから見積もりをだしてもらうようにしましょう。